ジュエリー制作とジュエリーデザインコース

学校では、ジュエリーテクニカルデザイン(製図)コースをジュエリー製作コースと組み合わせて提供し、さまざまなジュエリー制作の技術を実践しています。

ジュエリー制作コース受講中の学生

彫金コース

取り扱う金属の特性から始まり、以下の内容を学びます。
ジュエリーの製作: パーツを接合するためのコンポーネントやコンビネーション。 デザインやモデルを基にしたワックスモデル製作: 指輪の様々なタイプの湯道や、それに関連する石座の製作、イヤリングやペンダント、ヒンジや裏張りブローチの製作。
紙やすり掛け、バフ掛けによる作品の仕上げ方。 石留め洋彫り、キャスティング基礎の実習。

ジュエリーデザインコース

プランニングに必要なテクニック面を学ぶのに特化したコースで、以下の内容を学びます。
テクニカルデザイン、イラストレーションテクニック、金属のボリューム感や表面の質感表現、様々なタイプの石の色彩近似や彩色テクニック。
留め金具、ジョイント、ヒンジ等の構造や組み立て方法。
ネックレス、イヤリング、ブローチ、ブレスレット、指輪のアンサンブルプランニング。
素材や装飾技術の選び方を考慮したプランニング。
このコースは理解しやすく実現可能なモデル製作を目的としています。

作品を仕上げて満足そうな生徒

2022 年 料金表

期間 時間数 週間 価格
3ヶ月 240 + 96 12 € 4650
追加コース 80 + 32 4 € 1450
コースカレンダー
申し込み
古代のジュエリー工房

彫金工房アーティスト、職人育成

ルネッサンス期の多くのフィレンツェの芸術家が彫金工房から育ちました。例えばギベルティは彼の父親の彫金工房で育ちました。また、ほぼ同時期にブルネッレスキ、ドナテッロ、ルーカ・デッラ・ロッビアも同じような生い立ちをしています。

画像:
彫金工房 デ・スフェラーエ (De spherae)
(1480-1490)